法定休日とは、労働基準法第35条に定められている休日のことです。

労働基準法第35条では、「使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。」としています。また、第2項では「前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。」としています。

このことより、法定休日は、毎週1回(又は4週間を通じ4日以上)の休日のことです。

また、所定休日とは、会社独自で定めている休日のことです。

したがって、労働基準法上は、毎週1回だけ休日を与えなければならないこととしていますが、週の法定労働時間が40時間ですので、1日8時間労働の会社は、週休2日制とする必要があります。週休2日制で土日が休日の場合は、土曜日か日曜日のどちらかが法定休日となり、もう一方は所定休日(会社独自の休日)となります。