労働安全衛生法で規定されている雇入れ時等の安全衛生教育とは、どのようなものでしょうか?

また、どのような内容について教育を行えばよいのでしょうか?

 

労働安全衛生規則第35条では、雇入れ時等の安全衛生教育を以下のように義務づけています。

会社は、新たに労働者を雇い入れたときや労働者の作業内容を変更したときは、その労働者に対して、遅滞なく、次の事項のうち、その労働者が従事する業務に関する安全衛生教育を行なわなければならないとしています。

① 機械等、原材料等の危険性又は有害性及びこれらの取扱い方法に関すること。

② 安全装置、有害物抑制装置又は保護具の性能及びこれらの取扱い方法に関すること。

③ 作業手順に関すること。

④ 作業開始時の点検に関すること。

⑤ 業務に関して発生するおそれのある疾病の原因及び予防に関すること。

⑥ 整理、整頓及び清潔の保持に関すること。

⑦ 事故時等における応急措置及び退避に関すること。

⑧ その他その業務に関する安全又は衛生のために必要な事項。

※ 上記①から④については、林業、建設業、運送業、清掃業、製造業(物の加工業を含む。)、電気ガス水道業、通信業、各種商品卸売業、各種商品小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業及び機械修理業などの屋外工業的な業種以外の業種では省略することができます。

Q:特別教育、安全衛生教育、技能講習の違いがよく分かりません。

現在、クレーン・玉掛けの技能講習とチェーンソーの特別教育は取得しているのですが、

安全衛生⇒特別教育⇒技能講習⇒免許の順で責任が重く、内容も難しくかつ取扱範囲が大きくなる・・・と考えてもよろしいのでしょうか?

 

A:イメージとしては、おっしゃる通りです。

詳しくは、以下のとおり労働安全衛生法・労働安全衛生法施行令・労働安全衛生規則に定められています。

 

(1)安全衛生教育

すべての従業員に対して、雇入れの際や異動した際に従事する業務に関する安全衛生教育をする必要があります。

 

(2)特別教育

一定の危険又は有害な業務に従事する従業員に対して、その従事する業務に関する安全衛生教育をする必要があります。

(特別教育が必要な業務の例)

・チェーンソーを用いて行う立木の伐木、かかり木の処理又は造材の業務

・つり上げ荷重が五トン未満のクレーンの運転の業務

・つり上げ荷重が一トン未満のクレーン、移動式クレーン又はデリツクの玉掛けの業務

 

(3) 就業制限(免許と技能講習)

一定の危険又は有害な業務については、免許を受けた者又は技能講習を修了した者などの資格を有する者でなければ、その業務に就かせてはならないとされています。

 

免許が必要な業務なのか、技能講習でよい業務なのかについては、業務の内容に応じて細かく定められています。

(就業制限されている業務の例)

・つり上げ荷重が五トン以上のクレーン(跨線テルハを除く。)の運転の業務

・制限荷重が一トン以上の揚貨装置又はつり上げ荷重が一トン以上のクレーン、移動式クレーン若しくはデリックの玉掛けの業務

 

もっともわかりやすい例として、移動式クレーンの運転の業務についてみてみますと、以下のように分類できます。

○つり上げ荷重が一トン未満の移動式クレーンの運転の業務・・・特別教育修了者(小型移動式クレーン運転技能講習修了者、移動式クレーン運転士免許を受けた者を含む)

○つり上げ荷重が一トン以上五トン未満の移動式クレーンの運転の業務・・・小型移動式クレーン運転技能講習修了者(移動式クレーン運転士免許を受けた者を含む)

○つり上げ荷重が五トン以上の移動式クレーンの運転の業務・・・移動式クレーン運転士免許を受けた者

 

ただし、すべての業務で、 特別教育<技能講習<免許 という段階があるわけではありません。

例えば、玉掛け業務では、つり上げ荷重一トン未満のクレーンを使用しての玉掛けの業務は特別教育でよいのですが、一トン以上のクレーンを使用しての玉掛けの業務では技能講習修了が必要です。

そして、玉掛けの業務にはその上の免許がありませんので、技能講習を修了すれば百トンクレーンの玉掛けの業務でも二百トンクレーンの玉掛けの業務でも資格的にはできることになります。

また、フォークリフトの運転の業務も同様で、最大荷重が一トン未満であれば特別教育でよいのですが、一トン以上であれば技能講習を修了する必要があります。

私自身が玉掛けや移動式クレーン、床上操作式クレーンの技能講習や特別教育の学科の講師をさせて頂いておりますので、これらの資格のことは受講生の方へ毎回お話をするようにしています。

 

※ ご指摘を受け、一部変更しました。