労働基準監督署には、この労働基準法等の法律について取締りを行う「労働基準監督官」が配置されています。(労働基準法は罰則付きの法律です。)

そして、労働基準法には、以下の監督機関が定められています。

厚生労働省労働基準局

都道府県労働局

労働基準監督署

<労働基準監督官等の権限と義務>

労働基準監督官は、事業場や寄宿舎その他の附属建設物に臨検したり、帳簿や書類の提出を求めたり、使用者や労働者に対して尋問をしたりすることができます。

そして、労働基準監督官は、法律違反の罪について、刑事訴訟法に規定する司法警察官の職務を行うことができます。したがって、悪質な法違反については、検察庁へ送検をすることができます。

また、行政官庁(労働基準監督署長)は、労働基準法を施行するために必要があると認めた場合は、使用者や労働者に対して、必要な事項を報告させたり、出頭を命じたりすることができます。これについては、労働基準監督官も、同様です。

もちろん、労働基準監督官には、守秘義務が課されており、職務上知り得た秘密を漏らしてはなりません。労働基準監督官を退官した後も同様です。

Comments are closed.

Post Navigation