障害者雇用促進法(「障害者の雇用の促進等に関する法律」)が改正され、平成28年4月1日より施行されます。

今回は、改正障害者雇用促進法のポイントその1です。

ポイント(1)雇用の分野での障害者差別を禁止

障害者であることを理由とした障害のない人との不当な差別的取扱いが禁止されます。

募集・採用、賃金、配置、昇進などの雇用に関するあらゆる局面で、

  • 障害者であることを理由に障害者を排除すること
  • 障害者に対してのみ不利な条件を設けること
  • 障害のない人を優先すること

は障害者であることを理由とする差別に該当し、禁止されます。

<募集・採用時の差別の例>

  • 単に「障害者だから」という理由で、求人への応募を認めないこと
  • 業務遂行上必要でない条件を付けて、障害者を排除すること

<採用後の差別の例>

  • 労働能力などを適正に評価することなく、単に「障害者だから」という理由で、異なる取扱いをすること

<禁止される差別に該当しない場合>

  • 積極的な差別是正措置として、障害者を有利に取り扱うこと
    • (例)障害者のみを対象とする求人(いわゆる障害者専用求人)
  • 合理的配慮を提供し、労働能力などを適正に評価した結果として障害者でない人と異なる取扱いをすること
    • (例)障害者でない労働者の能力が障害者である労働者に比べて優れている場合に、評価が優れている障害のない労働者を昇進させること
  • 合理的配慮に応じた措置をとること(その結果として、障害者でない人と異なる取扱いとなること)
    • (例)研修内容を理解できるよう、合理的配慮として障害者のみ独自メニューの研修をすること

 

Comments are closed.

Post Navigation