労働契約とは、労働契約法第6条に次のように定められています。

第6条 労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立する。

ここで、「使用者に使用されて」とは、使用者の指揮命令に従って労働に従事することと考えられます。

したがって、労働契約は、労働者が使用者の指揮命令に従い労働し、使用者はその労働に対して賃金を支払う契約であると考えられます。

また、この契約は、「合意することによって成立」しますので、口頭での合意でも問題ありませんし、必ずしも契約書は必要ありません。(もちろん、契約内容に後で問題がないように契約書はあった方がよいとは思います。)

Comments are closed.

Post Navigation