平成28年4月より傷病手当金と出産手当金の給付金額の計算方法について、健康保険法が改正されました。

<傷病手当金とは>

傷病手当金は、病気休業中に被保険者の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が業務外の病気やけがによる療養のために仕事を休み、給与を受けられないときに、申請により支給されます。

<出産手当金とは>

出産手当金は、傷病手当金と同様に被保険者の生活を保障するために出産の前後における一定期間内において被保険者が出産のために仕事を休み、給与を受けられないときに、申請により支給されます。

●平成28年3月までの計算方法
1日あたり 〔休んだ日の標準報酬月額〕/30日×2/3

●平成28年4月からの計算方法
1日あたり 〔支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額〕/30日×2/3

(例)
平成27年4月1日資格取得
(標準報酬月額 18万円)
平成27年9月より
標準報酬月額 20万円に改定
支給開始日 平成28年5月1日のとき
(18万円×3か月+20万円×9か月)/12か月/30日×2/3=4,333円(1日あたり)

※ 支給開始日以前の期間が12か月に満たない場合は、
○ 支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額
○ 28万円(前年度の9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額)
を比べて少ない額を使用します。

Comments are closed.

Post Navigation