労働基準法第39条では、「使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない。」としています。

この出勤率については、次の式で計算します。

(出勤率)=(出勤した日数)/(全労働日)

ただし、次の日については、全労働日に含みません。

  1. 労働者の責に帰すべき事由によるとはいえない不就労日であって、当事者間の衡平等の観点から出勤日数に算入するのが相当でない日(例:不可抗力による休業日、使用者側に起因する経営、管理上の障害による休業日、正当な同盟罷業その他正当な争議行為により労務の提供が全くなされなかった日など)
  2. 代替休暇(労働基準法第37条第3項に定められた休暇)を終日取得した日

また、次の日については、出勤したものとして計算する必要があります。

  1. 遅刻、早退などで一部でも出勤した日
  2. 業務上傷病にかかり療養のため休業した期間
  3. 育児・介護休業法に定める育児休業又は介護休業をした期間
  4. 産前産後の休業期間
  5. 年次有給休暇を取得した日

Comments are closed.

Post Navigation