多数の労働者を使用する会社(事業場)では、その労働者が就業する上で守らなければならない規律や、賃金、労働時間などの労働条件について、具体的な規則を設けています。これが就業規則です。

就業規則は、会社から見れば、多数の労働者との労働契約を集合的に処理するものとして、一律に労働条件を定めたり、職場の規律を定めたりすることができますので、職場の規律維持を目的に作成されます。

また、就業規則は、その事業場の労働条件の最低基準を定めたものとしての意義も有しています。

労働基準法89条には、常時10人以上の労働者を使用する使用者は、一定の事項について就業規則を作成し、行政官庁(所轄労働基準監督署長)に届出なければならない旨が定められています。

Comments are closed.

Post Navigation