現在は、適用除外とされている65歳以上の労働者についても、平成29年1月1日より「⾼年齢被保険者」として雇⽤保険の適⽤の対象となります。

なお、65歳に達した日の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されている「高年齢継続被保険者」は、平成29年1月1日以降、自動的に「高年齢被保険者」となります。

また、高年齢被保険者の雇用保険料の徴収は、平成31年度までは免除となります。

 

(例1)平成29年1⽉1⽇以降に新たに雇⽤した場合

雇用した時点から⾼年齢被保険者となりますので、雇用した日の属する月の翌月10日までにハローワークに届出をする必要があります。

(例2)平成28年12月末までに雇用し、平成29年1⽉1⽇以降も継続して雇⽤している場合

平成29年1⽉1⽇より⾼年齢被保険者となりますので、平成29年3⽉31日までにハローワークに届出をする必要があります。

(例3)現在⾼年齢継続被保険者である労働者を平成29年1⽉1⽇以降も継続して雇用している場合

⾃動的に⾼年齢被保険者となりますので、届出は不要です。

Comments are closed.

Post Navigation