Q:先日、当社に労働基準監督署の調査が入りました。これはどうもある従業員が、労働基準監督署に駆け込んだようなのです。このような困った従業員は解雇しようと考えているのですが、問題がありますか?

 

A:労働基準法104条には、「労働基準法や労働基準法に基づいて発する命令に違反する事実がある場合は、労働者は、その事実を行政官庁(労働基準監督署)や労働基準監督官に申告することができる」としてします。

労働基準法は、労働者が労働基準監督署などに駆け込むことを認めているのです。

また、同条2項に「使用者は、この申告をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他の不利益な取扱いをしてはならない」としています。

ここでいう「不利益な取扱い」とは、解雇はもちろん、配置転換(配転や転勤、出向等)、降格、減給、昇給停止、出勤停止、有期雇用契約の更新拒否などがこれにあたります。

したがって、労働基準監督署に駆け込んだ従業員をそのことを理由として解雇などの不利益な取扱いをすることはできません。

コメントを残す

Post Navigation