Q:月給制と月給日給制、日給月給制とはどのように違うのでしょうか?

 

A:月給制や月給日給制、日給月給制という言葉は、労働法では登場しません。しかし、一般に使用されている使い方からその意味を考えてみます。

完全月給制とは、もし欠勤(年次有給休暇を除きます)があった場合でも、ノーワークノーペイの原則に反して、欠勤分の給与を差し引かない制度です。

それに比べて、月給日給制は、欠勤(年次有給休暇を取得した日を除きます)があった場合にノーワークノーペイの原則が適用され、欠勤分の給与は、月給額から差し引かれます。

日給月給制はといえば、1日を計算単位として給料が定められ、その支払を毎月1回まとめて支払う制度のことです。

では、月給日給制と日給月給制の金額は同じになるのか?といえば、そうでもありません。

例えば、家族手当がつく場合、家族手当の金額などは通常1か月の給料で固定されていますよね。あと、住宅手当なども同様だと思います。

月給日給制の場合、固定的な手当などがあれば、その分は差し引かれませんので、月給日給制の方が日給月給制より給料は高くなる可能性がたかくなります。

コメントを残す

Post Navigation