労働契約の終了(労働契約の解除)には、どのようなものがあるのでしょうか。

会社に採用するということは、法的に考えると、「労働契約の締結」となります。
その反対に、会社を辞めてもらうということは、「労働契約の終了(労働契約の解除)」となるわけです。

 

この「労働契約の終了」は、大きく分けて、次の三つの形になります。

① 一方的に会社側から労働契約を終了させる場合

法的には、これを「解雇」といいます。

② 一方的に労働者側から労働契約を終了させる場合

一般的には、これを「辞職」といいます。

③ 双方が合意して、労働契約を終了させる場合

一般的には、これを「(合意)退職」といいます。

 

ただし、この双方が合意して労働契約を終了させる場合については、さらに細かく分けることができます。

③-① 会社側から終了の働きかけがあり、労働者がそれに同意した場合

具体的には、会社から退職勧奨(退職を勧めること)を行って、労働者がそれに同意して退職するような場合です。したがって、この退職勧奨は、法的に①の「解雇」とは異なります。

③-② 労働者側からの終了の働きかけがあり、会社がそれに同意した場合

具体的には、労働者からの退職の申出、退職願の提出等があり、それに会社が同意して退職するような場合です。したがって、この場合には、法的に②の「辞職」とは異なります。

(例えば、「辞職」の場合はその撤回はできませんが、「退職の申出」の場合は会社(人事決定権がある方)が同意するまでの間はその撤回が可能であると考えられています。)

③-③ その他就業規則や労働契約で定められている労働契約の終了の事由に該当する場合

具体的には、

  • 契約期間満了による退職(これも退職であり、解雇ではありません。「雇止め」といいます。)
  • 定年退職
  • 休職期間満了による退職

などがあります。

 

これらは、就業規則や労働契約に定めがあって、ある一定の条件(解除条件)が成立すると、その契約が解除、すなわち終了するというものです。

例えば、契約期間満了による退職は、もともと労働契約で契約の期間が定められており、その契約が更新されなかった場合には、契約は終了します。

この分類は、私がわかりやすく考えるために分類したものであり、一般的な考え方(書籍等)とは異なっています。しかし、一般の方が、「解雇」にあたるか否かなどを考える場合には、とても役に立つ分類だと考えています。

コメントを残す

Post Navigation